読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ohne dich kann ich nicht leben.

きみがいないと生きていけない

シンデレラグレイ

 わたしは惨めだ。

 冬の寒い日のことだった。なんだか寂しくて、泣きたくて、仕方のない日だった。臨也くんは医者へ行っていて、いつ帰ってくるかわからない。臨也くんがいない。わたしを誰も慰めてはくれない。
 生きることが不安だ。やりたいことはたくさんあるのに、時間が圧倒的に足りなくて、それがやれるのかやれないのかが不安だった。夢だってあるのに、叶えられないかもしれない、評価されないかもしれないことが怖かった。
 なにもかもうまくいかないかもしれない。そんな妄想がぐるぐる頭の中を巡ってどうしようもなくなってしまう。ただ、泣くことしかできなかった。
 悲しくて、わたしは泣いた。大声で、嗚咽をもらして泣いた。子供のように泣いて、それでどうにかなるわけでもないのに、泣いて泣いて泣いた。
 その時、ガチャリと玄関の扉が開く音がした。臨也くんが帰ってきてくれたのだ。わたしの元へ、臨也くんが。
 リビングまでやってきた臨也くんは、大泣きしているわたしを目にすると、大きな目をさらに大きくしてわたしを見た。その目に、瞬間人間愛からの愛情が灯るのをわたしは見た。
「どうしたの?」
 臨也くんはゆっくりわたしへ近づきながら言った。わたしの背中に触れて、わたしの悲しみをまるで吸い取るかのように、よしよしと撫でた。
「怖いの」
 わたしは言う。
「やりたいことも、欲しい評価もなにひとつ得られないかもしれないと思うと怖くて仕方ないの」
 わたしがそこまで言ったところで、臨也くんがわたしを抱き締めた。
「ごめんね。臨也くんを東京へ連れて行かなきゃいけないのに、夢叶わなかったら行けないのに。ごめんね、ごめんね……」
 わたしがそう言うと、臨也くんはわたしを抱き締める腕に力をいれた。
 ごめんね、と連呼するわたしを、臨也くんは抱きしめ続けた。怖いと泣くわたしを、臨也くんは受け止めてくれた。
「大丈夫だよ。急がなくてもいいんだ。いつか二人で東京へ行こう。だから、今はゆっくり、自分のやりたいことをやりなよ」
 臨也くんはそう言って笑った。臨也くんをすぐにでも東京へ連れて行きたいのに、連れて行けないわたしを惨めに思うこともなく、ただわたしを受け止めてくれた。
「ごめんね」
 泣き濡れた声でわたしが言うと、臨也くんはわたしを抱き締めて頭を撫でてくれた。その少し冷えた体温が少しでも温まるように、わたしも臨也くんを抱きしめ返した。臨也くんのことが好きだ。だから、いつか臨也くんも共に東京へ行くのだ。また明日から頑張ろう。そんな気力が少しだけ湧いてきた。臨也くんの冷たい頬に頬をあてて、わたしは彼のために身を粉にする覚悟を決めた。
 臨也くん、どうか待っててね。わたしはかならず臨也くんを、東京に連れて行くから。待っててね。